死ぬな~~~~~~~

10日前に梅雨本番って書いたのですが
あっという間に梅雨明け猛暑の毎日
35℃は 地獄の一丁目 死にそうです

今年の夏野菜はきっと高値ですよ
果物系もこれからじわじわとダメージが出てきますから
きっと高値 
猛暑がコストアップ要因の一つになってきそうです

コストインフレの連鎖が始まります
所得を増やす方法真面目に考えましょう
補助金では富は増えません
根本的に考えないとニッポン死にます

その前にこの暑さで
  しぬな~~~~~~~

そろそろ梅雨本番

6月も下旬今週辺りに沖縄地方は梅雨明けとなりそう
てことは こちらは梅雨本番 仕事のやりくりが難しい時期
 田植えは先週終わりました
 ハウスブドウの摘粒も一応終了し今は露地ブドウの摘粒中
これが厄介 すでにハサミが入らないくらいに密着した房があるのです
つまり仕事の遅れが原因
 梨は袋掛けの最中 あと3000袋程 パートのおばちゃんが頑張ております
 柿の補正摘果いつになりますか 摘蕾で8割がたは終了しておりますが
 梅の収穫 今年は風害、病害などが少なく とても製品歩留まりが良く梅狩りの方々も安心して受け入れることができました オーダーでの発送等も無事全て終了 サイト上ではすでに梅狩りは終了しておりますが 時々梅干し用のオーダーが入ります
 7月末にはなしの収穫が始まる季節なのです
早い方は梨狩りの予約を入れてくる時期なのですね
ギアを2速ほど上げないと仕事が追いつきません

 ギアで思い出しました
当園のマシンは長年使用しているものがほとんどです つまりは故障も増えてきています
昨年末には10年クラスの草刈り機が悲鳴をあげました 最終的にエンジン交換
数か月前には40年クラスのトラクターが(本体ではなく作業機)が故障し現在入院中
先日はSS(薬剤散布のマシン)が悲鳴 今週中には退院してきます
 古参の機械はメンテナンスにお金が掛かりますが高価になりすぎた農業帰化は早々新品は買えません 騙しだまし如何に寿命を延ばすかが腕の見せどころですかね

 人間もしかり 古参ものは騙しだまし・・・・

大幅値上げの季節がやってきた

6月に入って憂鬱な朝の到来ですね
値上げラッシュの始まり始まり
農業界のダメージも半端ない影響が出そうです
全農によりますと肥料価格が50~100%ほどの値上げ
フィルム系は話では100%ほどすでに値上げ
農薬はこれからですがこちらも相当なものらしいです
その他油 電気 農業機械 ・・・・・・
梱包資材などは価格未定での発注の様相

消費者物価の上昇もかなりの物となりそうですが
生産側のダメージはそれ以上のとなりそうです

まさに過去のオイルショック時の状態ですが
あの頃は日本経済は高度成長期でしたから吸収できたのでしょうが
現在の日本の現状では果してどうなるのでしょうか