ホップ ステップ ジャンプ

今年の果樹栽培にはこの言葉がジャストフィット  実際は助走と言う前段が必要ですが  説明いたしましょう

まずは助走 これは前年の状態です 昨年は(台風21号だったかな)塩害により早期落葉し開花してしまい、花芽不足及び花芽不良となりました

次はホップ 今年に入り 5月4日に雹の被害 摘果中又は摘果中でしたが いづれにしても果実だけでなく葉の痛みも大きかったです

そしてステップ  7月の長雨です ほぼ1か月雨雨雨 果実の生育には水と光と二酸化炭素が必要ですが その中の光が不足して果実の肥大が確保できず さらに雨は病気の蔓延には最高のコンディション

最後はジャンプ  今回の台風15号 まさか直撃とは 被害は推して知るべし 落果 落葉 塩害(今回は免れた様子) 

総合すると 新記録間違え無し この後遺症は来年に現れる事でしょう  経営的には トントン チョイ赤 大分赤  大赤字 次に何かあったら再起不能?

こんな年は 100年に1回であって欲しいものですが 最近の気象変動では毎年あってもおかしくない状態なのでしょうか  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です